fc2ブログ

夜市

表題作+風の古道を読了。
久々の読書記録だ。

これはホラー小説なのだろうか。
ホラーの定義が知りたくなるほど、恐ろしさよりもときめきが勝る作品だった。
表題作と風の古道は異世界に誘い込まれるという共通点があるものの、面白さはまた異なるものだと感じた。

少し気になる男性に夜市に誘われてついていく女性。
現実とは全く異なる夜市、そしてシステムの真相が徐々に明かされる。そして知り合った老紳士についても、ゆっくりじっくりと真実が明かされていく。
ホラーというよりサスペンス的面白さが強いと感じた。
そしてファンタジー要素と世界観がとにかく魅力的である。
どこか和風で、奇怪な情景なのだが、何だか懐かしいような。
完成度の高い物語が軽快に語られるのでとても読みやすかった。

風の古道に関しては、ホラー要素が上がったと思う。
特に最初の妖怪とすれ違う部分は背筋がぞわりとした。
ゆっくりと真相が明かされ綴られていく構成は同じで、物語も面白く、世界観は素晴らしく、そしてレンがとても魅力的だった。
異世界で生きることになってしまった人物の背景を表題作より深く掘り下げていると思う。

共通点が多い二作だが、やはり焦点を当てた人物の感情を表現するパートがあると物語に没入しやすい。
しかし没入させない世界観というのもまた魅力的だ。
どちらもどちらでとても面白かった。
読書復帰一作目にして、良い作品に出会えて気持ちがいいです。
スポンサーサイト



絶歌

誰しも死を意識する時期はある。
どんなに明るい人生でも、生きている限り、死は付いて回る。

その中でも、一定数以上はいるはずだ。
死に興味を持つ者は。

もし、死に興味があるなら、
この本は読んで損はないと思う。
理解の助けになる内容が含まれているから。

しかし、そういうカビ臭い、陰の世界と無縁な者なら、読んで得るものは多分なにもない。

そういった事は、経験しないで済むなら、その方が良いのだ。
そして、関わる必要もない。

取捨選択は、自分次第だ。

手記、つまりノンフィクションのはずの話だけど、あまりに内容が異常であるため、素直に受け入れるのは難しい類の経験談。

作者自体が倒錯していて、酔っている印象を強く受ける文章だから、どこか作り話を混ぜたり創作している部分がありそうだとわたしは疑ってしまった。

でも多分ほぼ事実なんだろうな。
なんとなく勘でそう感じた。

しかし、少年Aが少年院をでて、社会復帰をした後の話は、現実的で、とても確かな、人生が綴られていた。

そして、きっと、どこか世界に拒絶されていると感じる者、他人と上手くやれない者にとっては、救われるような共感の言葉が載っている。

「世の中はコミニケーションの戦場で、コミニケーションが出来ない者は生きていく価値もない」

私はその言葉を見た瞬間に力が抜けた。
その通りだと感じた。

殺人を犯した彼は、自分の事を怪物だとかモンスターだとか書いていた。
私は、彼について誰かの意見を見た事もないし、特集やニュースにも全く興味がない。
大衆を意識した、金の匂いがする言葉なんて耳に入れたくもない。
でもきっと多くの人は、彼を異常者だと言い、人でなしだと言い、同じ人間なのだろうか?と言うのかもしれない。

でも私は、生きた人間の文章を読んだな、と思った。
読み終わって、これこそが心を持った人間の言葉だと思った。
血の通った、醜く、矮小で、狡く、痛々しい。
彼の心は生きている。


彼も書いていた。
母親がいけない、愛情不足で、とメディアは騒いだがそんな事は全くないと。
手記を読む限り、母親に問題があったとは思えないが、この辺は意図的に伏せられているのか?
何かが隠されていたとしても、虐待があったわけでもなく、身内が殺されたわけでもなく、生活を脅かされる程の不幸があったとも思えない。

きっと、そういう事は何もなく、ただ単にそれが出来てしまえる環境だったということ…。

愛されている人ほど、その価値がわからないものだ。

近況報告。

最近はめっきり本を読んでおりません。
ある目標のために、一日のほとんどをそれに費やしております。

生活が安定したら、また本を読みます。
そうしたらまたここへ帰ってまいります。

しばしの雲がくれ。

小説すばる 11月号



 月刊の雑誌を買った。
 私は今、文というものがなんなのか、どういった種類の物語があるのか、どのような表現が用いられているのか、それらを勉強するために本を読んでいる。
 まるでジャンルを定めることなく、ただ目を引いただとか、どこかで見たことがあるとかいう理由で、手に取っている。
 それらをすべて買っていたら洒落にならないので、すべて図書館から借りてくる。
 そういう理由で、新しい文字には触れられないのが現状である。というより、新しい本のみ選ぶことはなるべくしたくない。本は一生をかけても読み切れないほどにある。なので、一つのジャンルにこだわっていたら、いつまでたっても読み終わらない。本というものの全体を見通すために、ある程度ばらばらに目を通していく必要があると考えているのだ。
 なので、一刻も早く、一冊でも多くの本を読みたいのを我慢して、決して流し読みをせず、着実に、内容が身につくように読書をしている。
 ※昔の本を読んでいて、理解できない風習が出てきたときは除く。いちいち調べていたらキリがないので。

 と、いうわけで、私はあたらしい文章たちに触れるために、これを買った。
 いやいや、最初にある伊坂幸太郎の短編を途中まで読んだが、やっぱり楽しいね!夏目漱石を読んだあとだから余計にそう感じます。やっぱりこういう文が書きたいかも知れないと思う、優柔不断な私。

 次に読む本は、「ロリータ」にするので、これと並行して読み進めていこうと思います。

 実はもう一冊、ホラー雑誌のようなものを買った。

 タイトルは、『Mei(冥)』 Ghostly Magazine for girls (幽BOOKS)である。



 初刊のようである。
 こちらも読むのがものすごく楽しみ。ただ、小説で埋め尽くされているわけではなく、漫画、怪談実話、エッセイ、お菓子のレシピ、ニュース、ブックレビューなど、コンテンツが盛りだくさん。
 副題に「女の子のためのこわ~い文芸誌」とあるので、女性をターゲットにした雑誌と思われる。
 読んでみて面白ければ、来年刊行されるという次号も手に入れたい。
検索フォーム
気になる本のタイトル・作者名を入力して下さい
説明
主に小説の感想を載せています。

ハッピーエンド至上主義者。
過程がどれほど素晴らしかろうとも、バッドエンドで評価が一転します。


★の数は、その本の価値と同一ではありません。
たいてい、難解な哲学を含むものは、星の数が少ないです。

あなたが本を手に取るきっかけに、人の意見が知りたい人にとっての参考に、このブログが役立ってくれますように。

PN:伊吹かなめ
傾向:世界観、キャラクター、読みやすさ、印象の強さ、独創性、個性などを重視します。エンターテイメント性に富んだものを好みます。俗っぽいものに抵抗あり。



文字、紙、本に溺愛。作家さん、編集者さん、そして出版関係の皆様に感謝と敬意をここに記します。本を生み出してくれて、ありがとう。
最新記事
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
最新コメント
携帯でもどうぞ
QR
ランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>