fc2ブログ

月の影 影の海(下) 十二国記 <小野不由美>




総合評価     ★★★★★

ストーリー    ★★★★★
表現/世界観    ★★★★★
キャラ       ★★★★☆

映画化 × アニメ化されている
ハッピーエンド ○



内容(amazonより抜粋)

「私を、異界へ喚んだのは、誰?」海に映る美しい月影をぬけ、ここへ連れてこられた陽子に、妖魔は容赦なく襲いかかり、人もまた、陽子を裏切る。試練に身も心も傷つく陽子を救ったのは、信じることを教えてくれた「ただひとり」の友―楽俊。ひとりぼっちの旅は、ふたりになった。しかし、“なぜ、陽子が異界へ喚ばれたのか?なぜ、命を狙われるのか?”その真相が明かされたとき、陽子は、とてつもない決断を迫られる。




感想

 過酷な状況と、辛辣な孤独を戦い抜いて、陽子はやっと信頼に足る人物、いや、半獣、いや、ネズミと出会う。今までの経験から、自分以外のなにをも信じられなくなっており、ネズミを利用するはらで一緒にいたが、町に入る前に(正確には町ではなく、里やら盧やらよくわからん名称)妖魔に襲われ、助けるか逃げるか迷い、ついには逃げた。葛藤の中、ネズミを殺すことまで考えた陽子だが、それはしなかった。その、現代の常識と、異世界での安全での狭間で揺れる主人公から、いやもう、目が離せない。

 このネズミが、内容にある「楽俊」という友だ。この半獣も、なんともかわいい。

 ここまでが中盤の内容で、後半からはもっと目が離せなくなる。予想外な事実が明らかになる。というのは、私自身、物語を読むときに予想をしないので。予想をして読んでいて、それが当たる人には物語がどう映るのかはわからない。もし、なんとはなしに先が読めてしまっていたなら、面白さは半減するかも知れない。

 この本でたった一つ、不満があるとすれば。それは楽俊のくだり。仕事はもらえないというが、なんとかなるんじゃないの、それって、と思ったくらいか。それ以外にはない。

 こんなに面白い小説に出会ったのは、本当に久しぶりだと思う。

 amazonでの評価が高いのも、人からおすすめされるのも、十回くらい首肯して納得できる。

 やっぱり私は、面白い物語は深さだと思う。段取りも大事だが、深ければ深いほど、読者を魅了する。世界観が練りに練られていて、それが確固とした存在であればあるこそ、納得できて、色をつけたくなる。

 私の原点になってくれる本に出会ったと確信する。


 続刊を読むのが楽しみだ。
 楽しみなので、しばらくは手に取らない。
 絶対に面白いものは、あとに残しておくに限る。
 そしていつか私の本棚にこれらを並べる。並べて、一生を共にする。

 私も、私の世界観を解き放つ作家になれるよう、頑張ろう。そう思える本だ。







スポンサーサイト



ランドリー Laundry <森淳一>




総合評価     ★★★★★

ストーリー    ★★★☆☆
表現/世界観    ★★★★★
キャラ       ★★★☆☆

映画化 ○
ハッピーエンド ○




内容(amazonより抜粋)

 僕の名前はテル。本当は照夫だけどみんな「テル」って呼ぶ。僕はコインランドリーで働いている。洗濯物が盗まれないように見張っている仕事だ…。優しくて、あったかくて、切ない、心にしみ入る物語。同名映画の原作本。




感想

 最初に観たのは映画だった。窪塚洋介と小雪が演じる、テルと水絵の物語。

 この映画に対して持った第一印象は「地味」。急展開やどんでん返しは一切ない。刺激的な要素は何一つとしてない。ものすごくピュアなプラトニックラブストーリー。

 窪塚洋介は、池袋ウェストゲートパークのキングという役を演じていたところから、私にとって攻撃的な若者といった印象がとっても強い。けれど、この作品の主人公「テル」は、無知でおつむが弱い。窪塚洋介の印象とは真逆なのだが…、この難しい役を見事にこなしている。それだけでも必見と言える。一方、ヒロインの「水絵」は、おつむは人並みだけれど、心に少し傷を負っている。儚い、という言葉がしっくりくるような役は、小雪にぴったりだった。作中では、二人ともとても地味な服を着ている。それがこの映画の世界観の一部となって、モチーフの「ランドリー」や「ガスタンク」や「水たまり」、そして「ハト」なんかを引き立てている。

 「空気感」という言葉で想像できる小説は、
・ノルウェイの森
・西の魔女が死んだ
・たんぽぽ娘
 このあたりなのだが、これら3作品と比べても、ランドリーから得られる感動の質は、抜きん出ている。三作品に共通するのは、「静かな感動」と「情景描写の多さ」なのだが、ランドリーと一番近いものをあげるなら、「たんぽぽ娘」であると思う。SFロマンスに対し、現代ロマンスというか。一言で表せば「恋愛のはなし」なのだが、それだけではない。 読み終わると、じんわりとした気持ちになる。

 
 小説では、映画にはないストーリーも組み込まれている。テルサイド、水絵サイドで語り部が交代するが、その文面からも二人の性格がきっちりと表れていて、文字を追うのが楽しい。

 映画を見ると必ずといっていいほど泣いてしまうので、ランドリーの綺麗な世界観に手軽に触れたいときに小説を読む。映画では二人の表情から感情移入してしまって苦しくなるのだけれど、小説を読んでいる分にはそんなことはない。 テルが水絵にワンピースを手渡すシーンは、何度読み返しても、心が洗われる。澱んでしまった色々なものが、浄化される。 終わり方がとても綺麗なので、読み終わった後にわだかまりが残ることもない。スッキリ出来る。

 この本だけは一生、何があっても手放さないと思う。
 好きな小説はたくさんあるが、「自分の中で絶対に廃れることはない」と断言できる小説は、この「Laundry」だけかも知れない。





検索フォーム
気になる本のタイトル・作者名を入力して下さい
説明
主に小説の感想を載せています。

ハッピーエンド至上主義者。
過程がどれほど素晴らしかろうとも、バッドエンドで評価が一転します。


★の数は、その本の価値と同一ではありません。
たいてい、難解な哲学を含むものは、星の数が少ないです。

あなたが本を手に取るきっかけに、人の意見が知りたい人にとっての参考に、このブログが役立ってくれますように。

PN:伊吹かなめ
傾向:世界観、キャラクター、読みやすさ、印象の強さ、独創性、個性などを重視します。エンターテイメント性に富んだものを好みます。俗っぽいものに抵抗あり。



文字、紙、本に溺愛。作家さん、編集者さん、そして出版関係の皆様に感謝と敬意をここに記します。本を生み出してくれて、ありがとう。
最新記事
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
最新コメント
携帯でもどうぞ
QR
ランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>