fc2ブログ

武器よさらば(下)  <アーネストヘミングウェイ (著) 金原瑞人 (翻訳) >




総合評価     ☆☆☆☆☆

ストーリー    ☆☆☆☆☆
表現/世界観    ★☆☆☆☆
キャラ       ☆☆☆☆☆

映画化 ○
ハッピーエンド ×



内容(amazonより抜粋)

傷が癒え、再び前線へと戻るフレデリック。しかし戦況は厳しく、イタリア軍は敗走を余儀なくされる。フレデリックは戦線を離脱し、命がけでキャサリンのもとへ帰り着く。結婚を誓い、スイスへ脱出する二人。だが、戦場の中で燃え上がった愛の結末は、あまりにも悲劇的なものだった。




感想

 上巻を読み終わってから、下巻に移り、それを読み終えるまでに五日かかった。

 げろげろげろげろ。
 読み終わった今、吐き気が止まらない。

 救いがない。救いがない上に楽しみもない。
 これは多分、訳されているからだと思う。原文で読めば、楽しいんだろうな。なんというか、訳されていることで、わざとらしくなってしまっているというか。特に会話が。
 文化が違う異国の話を日本語に直してしまうと、読んでてちょっとしらけるのだ。やっぱり「文学」というからには、原文で読むべきだと改めて思った。なんていうか、訳者の「いいだろう、この言い回しとか最高だろう」みたいな押しつけを感じてしまうというか。
 ロリータもそうだったけど、訳者っていうのはその本のファンみたいなものだから、どうしても鼻についちゃうんだよね。訳せるということは知識があるということで、知識もなく読んでしまうと、読み手としては情けなくなるというか。
 ま、これは完全に言いがかりなので、とうぜん訳者は悪くない。

 しかし、ダメだ。これは予想以上にダメ。私には合わない。文体はものすごくいい。これで世界の美しさを語り尽くして欲しいところ。ああ、これに比べればロリータは最高だったな。読みやすくて、何かの魅力について語っていて、バッドエンドじゃない文学小説は存在しないのかね?
 ストーリーが本当にだめ。まだ文学小説をかじった程度だけれど、日本人は自殺で、外国人は病死や戦死なのかな。もうすでに満腹気味で、飽き飽きしてきてしまう。文学が好きな人って、どういう精神状態をしているんだろう? 私には理解ができない。理解ができないぞ。

 文章をまとめようという気も起こらないぐらいに気分が悪い。
 この鬱憤を晴らしたくてたまらない。それでこんなめちゃめちゃな記事になってしまっている。

 ああ、もう!

 勉強のためだ。勉強にはなった。読んで損はなかった。
 でも私はこういう絶望的な小説が一番、嫌い。現実だけでお腹いっぱい。もう、嫌だな、本当に。

 太宰治の人間失格よりは、優しいけれども。
 ああ、それでも、バッドエンドは大嫌い。

 映画のLEONを見終わったときと同じモヤつきを感じる。

 しばらくは純文学から離れることにする。待ってろよ、ハッピーエンド!!




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
気になる本のタイトル・作者名を入力して下さい
説明
主に小説の感想を載せています。

ハッピーエンド至上主義者。
過程がどれほど素晴らしかろうとも、バッドエンドで評価が一転します。


★の数は、その本の価値と同一ではありません。
たいてい、難解な哲学を含むものは、星の数が少ないです。

あなたが本を手に取るきっかけに、人の意見が知りたい人にとっての参考に、このブログが役立ってくれますように。

PN:伊吹かなめ
傾向:世界観、キャラクター、読みやすさ、印象の強さ、独創性、個性などを重視します。エンターテイメント性に富んだものを好みます。俗っぽいものに抵抗あり。



文字、紙、本に溺愛。作家さん、編集者さん、そして出版関係の皆様に感謝と敬意をここに記します。本を生み出してくれて、ありがとう。
最新記事
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
最新コメント
携帯でもどうぞ
QR
ランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1038位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
104位
アクセスランキングを見る>>