fc2ブログ

ハンナ

総合評価 B

世界観 A
キャラクター A
ストーリー B

雰囲気映画という印象。
ビジュアル重視なのだろう、ストーリーは分かりにくい。
オチもありきたり。

だが、フィンランドの雪景色が素晴らしい。
ハンナの外見も、希薄な世界観にマッチしている。
ブロンドの眉なし少女というのは、どうしてこうも魅力的なのだろう。
是非、漆黒のロリータ服を着てもらいたい。

しかし、疑問の残るストーリーだ。
父がハンナに戦闘技術を仕込んだ理由が計り知れない。
5か国語使いこなしていた理由もわからない。
格好いいからというのは、わかるけど、それじゃお話にならない。
もしかして仇を取らせるために?
静かに暮らしていればよかったのに。
どうして合図なんか出させたの。

うーん。
でも、外国語の勉強にはうってつけの映画かな。
英語も簡単で聞き取りやすい。
イギリス・スペイン・ドイツ・アラビア語も学びたいなら一石二鳥かも知れない。

女が戦う格好いい映画と言えば、チャーリーズエンジェルや、キルビルなんかだろうか?
私は、バトル・ロワイアルが一番好きだが、良いのは小説であって、映画ではない。
しかし千草役の栗山千明は素晴らしかった。

話がそれてしまったが、終始少女が戦っている映画は初めてお目にかかった。
迫力はハッキリ言ってないし、ところどころカメラワークや照明が芸術的すぎて、アクションを楽しむような演出ではない。

けれど…、北欧は、素晴らしい。
あぁ、行きたいな。フィンランドに…。

途中で友達になった彼女の使う英語のイントネーションに惚れそうになった。
男にキスされそうになった時は、反撃し卒倒させたのに、友達には自らキスするハンナが可愛い。

知識は役に立つ。

i just missed your heart.
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
気になる本のタイトル・作者名を入力して下さい
説明
主に小説の感想を載せています。

ハッピーエンド至上主義者。
過程がどれほど素晴らしかろうとも、バッドエンドで評価が一転します。


★の数は、その本の価値と同一ではありません。
たいてい、難解な哲学を含むものは、星の数が少ないです。

あなたが本を手に取るきっかけに、人の意見が知りたい人にとっての参考に、このブログが役立ってくれますように。

PN:伊吹かなめ
傾向:世界観、キャラクター、読みやすさ、印象の強さ、独創性、個性などを重視します。エンターテイメント性に富んだものを好みます。俗っぽいものに抵抗あり。



文字、紙、本に溺愛。作家さん、編集者さん、そして出版関係の皆様に感謝と敬意をここに記します。本を生み出してくれて、ありがとう。
最新記事
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
最新コメント
携帯でもどうぞ
QR
ランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1038位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
104位
アクセスランキングを見る>>