fc2ブログ

家に棲むもの <小林泰三>



総合評価     ★★★★★

ストーリー    ★★★★☆
表現/世界観    ★★★★★
キャラ       ★☆☆☆☆

ハッピーエンド △




内容:

 ボロボロで継ぎ接ぎで作られた古い家。姑との同居のため、一家三人はこの古い家に引っ越してきた。みんなで四人のはずなのに、もう一人いる感じがする。見知らぬお婆さんの影がよぎる。あらぬ方向から物音が聞える。食事ももう一人分、余計に必要になる。昔、この家は殺人のあった家だった。何者が…。不思議で奇妙な出来事が、普通の世界の狭間で生まれる。ホラー短編の名手、小林泰三の描く、謎と恐怖がぞーっと残る作品集。



感想

 久々に本を読みましたので、感想を書きたいと思います。
 今回読んだのはホラーです。
 知人に「小林泰三さん」をおすすめされ、まずはこの一冊を手に取りました。

 えー、表現力が抜群に高いと感じました。
 この本には、表題作を含め7作の短編小説が入っていますが、そのどれもが、グロかったり、エグかったり、汚かったり、入り組んでいたりします。

 いわゆる幽霊や不可解なもの、不気味なものに対する恐怖ではなく、人間そのものの気持ち悪さに対する恐怖を抱く感覚が強い内容となっています。
 これを読んで、人間のエゴに対して、みな何かしら考えたりすることでしょう。

 執着、生きるために殺すということ、精神、遺伝子、思い込み、魔法、そして…狂気。

 「五人目の告白」「森の中の少女」「お祖父ちゃんの家」この3つは、展開も上手くて、徐々に真相が明らかになる快感がありました。
 読んでいてとても楽しかった。

 次は、「脳髄工場」か「玩具修理者」のどちらかを読むと思います。
 ホラーだけではなく、SFも書いているようなので、そちらもいずれ読みます。
 とても楽しみです。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
気になる本のタイトル・作者名を入力して下さい
説明
主に小説の感想を載せています。

ハッピーエンド至上主義者。
過程がどれほど素晴らしかろうとも、バッドエンドで評価が一転します。


★の数は、その本の価値と同一ではありません。
たいてい、難解な哲学を含むものは、星の数が少ないです。

あなたが本を手に取るきっかけに、人の意見が知りたい人にとっての参考に、このブログが役立ってくれますように。

PN:伊吹かなめ
傾向:世界観、キャラクター、読みやすさ、印象の強さ、独創性、個性などを重視します。エンターテイメント性に富んだものを好みます。俗っぽいものに抵抗あり。



文字、紙、本に溺愛。作家さん、編集者さん、そして出版関係の皆様に感謝と敬意をここに記します。本を生み出してくれて、ありがとう。
最新記事
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
最新コメント
携帯でもどうぞ
QR
ランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>